検索

大阪城北地区再開発計画 1969






この計画は、大阪市の都市計画構想と合致するばかりでなく、構想を実現の方向への推進する試みである。

この地区は大阪市の中央部にあって決して経済効率が高いとはいえない状態にあり、いわば国際的大都市大阪の盲点といえる。この地区をひとつのまとまった地域として副都心的に再開発し、地域の価値を高めることによって、再開発投資が多大な利益に環元される方法の提案である。


計画の特徴は次の4点にしぼられる。


1 .都市的に高密度な構成(容積率が高い)

2. 複合的で多様な構成(アーバニティが高い)

3. 段階的な計画と建設が可能な骨格

4. 魅力的な都市空間の確保


所在地: 大阪市城東区弁天町

規 模:計画地区グロス面積約274,000㎡ 計画地区ネット面積約156,000㎡

   建築延床面積約760,000㎡